自動車ローンは上手に利用しよう

自動車ローン

銀行で借りる

自動車も家に次いで高い買い物になりますから、ローンを組んで車を購入する人が多いようです。
銀行などの金融会社が扱っている自動車ローンには色々なものがありますが、貸付条件は会社ごとに違います。
金額が数百万と比較的高額になるので、自動車を購入する時には、自動車ローンについてもよく調べて比較しておくことをおすすめします。
まず銀行の自動車ローンは審査期間が長く基準が厳しいのが特徴ですが、その代わりに比較的低い金利で融資を受けられます。
ただし、金融機関によっては自動車ローンの場合は手数料が発生することがあります。
保証料などの手数料が必要だったりそうでなかったりする自動車ローンもあるので、事前に確認しておくようにしましょう。
手数料についてまったく考えず金利ばかり気にしていたら、結果的に損をしてしまう可能性すらあります。

ディーラー提携のローン

多くの人はディーラーと提携している信販会社を利用するでしょう。
ディーラー系金融会社は、銀行よりも高金利というネックがありますが、タイミングが合えば低金利キャンペーン企画が行われていたり、売り出したい車種などは特別に金利の割引が行われていることもあります。
テレビのコマーシャルなどでも低金利キャンペーンを宣伝しているので、欲しい車種のコマーシャルが流れていたら良く見て確認してみましょう。
更にディーラー系の良いところは、ローンを利用すると車体価格自体が安くなる、つまり値引きが大きくなるケースがあることです。
顧客が提携金融機関の自動車ローンを組んで車を購入した場合、そのディーラーには金融機関から手数料が支払われますので、車の値引きに回すことができるのです。
つまり金利・手数料のほかにこの値引き分も含めて検討する必要があるということです。
ディーラー系で自動車ローンを組んで、車体価格を下げて購入した後、少し経ったら金利の安い銀行でローンを借り換えるという方法もあります。
ディーラー系のローンは銀行系よりも審査が通りやすいのも特徴です。
銀行では断られてしまっても、ディーラー系では借りられたという話もよくあります。
もちろん破産や返済が滞っている人などは審査が通らないこともありますが。
自動車ローンを組んで自動車を買う時には、どんな借り方をすると返済の負担が軽くなるか追求してみてください。