リフォームローンは上手に利用しよう

リフォームローン

意外にかかるリフォーム

家を購入した後、大きなリフォームをする場合、その費用も意外に高額になりますので金融機関のローンを利用する場合があります。
特に住宅ローンの返済がまだ終わっていない場合は、リフォーム用の費用の工面も大変でしょう。
家を建てた時には思いも寄らなかった理由で、リフォームをすることになる可能性もあります。
計画的に貯蓄をしておくことが一番ではありますが、思いがけずすぐにでもリフォームをしなければいけないけれど、費用を調達することが難しいという時には、リフォームローンを借りるという方法があります。
自宅のリフォームと利用目的が明確ですが、無担保ということで金利はどうしても住宅ローンほど低く抑えることができなくなっています。
通常リフォームローンの金利は、借入金額や返済期間、返済能力等により異なります。

住宅ローンが残っている場合

金融機関によっては、自社で住宅ローンの返済を続けている顧客が、さらにリフォームローンも利用したいという場合金利が優遇されることがあります。
同じ金融会社から融資を受けるとリフォームローンの金利が安くなるというのは、現時点での住宅ローンの返済がその人の信用になる(遅延・延滞等の危険が少ないと判断される)ためです。
つまり、住宅ローンの支払いを延滞させたことがない場合に限り、同じ所からリフォームローンも借りるということは金利面で有利になります。
返済不能リスクを回避したい銀行側からすれば、今まで滞りなく返済ができている人なら、当然その人はリスクの少ない顧客であると見なすことができます。
最近のリフォームは内容によっては、住宅ローンの担保となっている住宅の付加価値を上げるようなものがあり、銀行としてはプラスの評価になります。
耐震・省エネ・介護などを意識したリフォームなどがこれに当たります。
リフォームをされたことで家の価値が上がっていれば、住宅ローンの返済が行き詰まって家を処分しなければいけなくなった時でも、高い価値をつけることができます。